借金を考える

借金と聞くとネガティブなイメージがつきまとうと思います。昔から借りるなら無利子で借りろというのも借金は身内から借りるということで、利子がつくとろくなことにならないというたとえだったのです。確かに金利で苦しめられる光景はテレビや映画だけの世界ではなく、高利貸しという名前の通りなかには十一で貸し出しをするような悪徳な貸し金業者も存在したのです。今でもヤミ金という言葉があるようにそのような業者は存在しているようです。これは普通ではお金を借りることができないような人が借りるところなのですが、普通にお金を借りることが出来ない人がそのようなところからお金を借りると後は破滅への道をまっしぐらという気がします。

借金は身を滅ぼします。しかし、考えると人の人生というのはお金を借りて成り立っているといえます。家を建てるにはほとんどの人は住宅ローンを組まないと建てることはできないでしょう。または今欲しい車があるというときに手元に現金がないというときはお金を借りてでも車に乗りたいという人も少なくないと思います。但し、借りるのであれば返すあてがないとしてはいけないのは当然のことです。返済は計画的にという言葉がありましたが、それよりも借金は計画的にではないといけないのです。お金を借りないためにはどうしたらいいのか、難しい問題ですがここではお金を借りるということと借りないためにはどうしたらいいかを考えていきます。

※特選外部リンク
借金返済の相談を無料で受けてくれる弁護士事務所のサイトです > > > 借金返済の相談